男女

シンプルな葬儀┃直葬する人が増えてきている

新しい故人を送るカタチ

葬式

希望する人が増加

「直葬」を行う人が増えてきています。これは、葬儀をせずに、荼毘に付すという葬式の形式であり、葬儀の煩わしさがなく、故人との別れの時をゆっくりと過ごすことが出来ると言われています。直葬は特に都市部を中心に広まっており、故人の家族と極々親しい人のみで静かに送るという特徴があります。これまでの葬儀は故人と社会が別れをするという意味合いがありました。そのため、親類だけではなく、故人が勤めていた会社関係者が葬儀に訪れるということも珍しくはありませんでした。これは、家族を亡くしたばかりの遺族にとっては大きな負担となっており、葬儀をシンプルに簡略化するという動きが広まっています。都市部だけではなく、年々地方でもこのような動きが広まっているようです。

しっかりと話し合おう

直葬のメリットは、葬儀を行わないために費用を抑えることが出来るということがあります。しかし、故人の親類や知人の中には直葬であることをよく思わない人がいる可能性もあります。そのため、トラブルを避けるためにも、しっかりと説明をするようにしましょう。また、全ての葬儀社が直葬に対応しているかというと、そういうわけでもなく、葬儀社によっては様々な理由により直葬を積極的に行わないというところもありますし、葬儀社によってサービス内容に違いがある場合もありますので、しっかりと確認するようにしましょう。故人が亡くなった直後は、忙しさもありゆっくりと葬儀社を選ぶことが出来ませんので、出来れば生前から故人と葬儀について話し合うようにしましょう。

心に寄り添う作業

ダンボール

現代の日本の高齢化社会は、例えば高齢者のみの世帯の増加によって、その方の亡き後の遺品整理などの問題が密かな課題となっています。これに対応するのが兵庫県内をはじめ全国に広がる遺品整理業者です。これらの業者は、様々な事情で品整理が追いつかない方々の作業の助けとなり、時には心にそっと寄り添い対応します。

Read

多様化するスタイル

葬儀場

昔は、門真市をはじめ全国どこでも葬儀は自宅で行うことが一般的でした。しかし近年では、住環境の変化や人々の考え方など様々なことがらについて変化が生じたために、そのセレモニーのあり方も多様化しています。家族葬や生前葬など様々なスタイルがありますが皆が故人を偲ぶ思いで行われていることに変わりはありません。

Read

予算に合わせて決める

合掌

東大阪市には、葬式を依頼できる葬儀社があり、葬儀社によって価格や内容が違います。人気のある葬儀社は、自社斎場を持っていたり、お墓や仏壇の購入など、葬式内容のすべての相談に乗ってくれる、アフターフォローのしっかりした葬儀社です。

Read